steamが9月12日に20周年!

game

いつもお世話になっているsteamですが2023年9月12日に20周年を迎えました!

おめでとうございます!

今回はsteam上に20周年の特集ページを組まれていたので少し触れてみたいと思います。

まずsteamですがValve Software社配信プラットフォームでありゲームランチャーとなります。

steamが誕生した2003年は「Valve」のゲームアップデートを配信しやすくするために
使用したということなので現在の様なサードパーティーのタイトルを販売する場所では
なかったんですね

2004年3月steamの初めてのゲームとして『Counter-Strike: Condition Zero』が発売。

同年11月16日『Half-Life 2』を発売しました。

この年に初めてのサードパーティーゲームがリリースされました。

2005年9月26日『Day of Defeat: Source』が発売。

2006年6月17日『Half-Life 2: Episode One』が発売。

特集ページにはその年発売のゲームも載っています。

The Ship: Murder Party」も2006年発売なんですね。

懐かしい!面白いゲームでした。

2007年『Portal』『Team Fortress 2』『Half-Life 2: Episode 2』
『The Orange Box』として発売。

12月にはSteam大型セールが初めて開催されました。

2008年11月『Left 4 Dead』が発売。

この年には、「Steamworks」や「Steamクラウド」が始まり、
ゲームファイルがリモートでサーバーに保存され
どのコンピューターからでもアクセスが可能となりました。

2009年11月『Left 4 Dead 2』が発売。

2010年macOSのサポートを開始。

Steamウォレットが登場したのもこの年ですね。

2011年4月『Portal 2』が発売。

steamでのスクリーンショット機能の追加や「Steamワークショップ」が登場します。

このあたりからsteamはユーザー参加型のコンテンツへ進んでいきますね。

レビュー機能もそうですがEpic Gamesとの方向性の違いがありますね。

2012年『Counter-Strike: Global Offensive』が発売。

SteamコミュニティSteamコミュニティマーケットベータ版が開始されました。

2013年『Dota 2』が配信。

トレーディングカード」「ファミリーシェアリング」「プレイヤーレビュー」などの機能追加。

早期アクセスのリリースも始まりました。

2013年の「Steam Summer Getaway 」トレカ持ってます
懐かしいですね!

2014年ディスカバリーアップデート」を実施。

ユーザーインターフェイスが改善され、ゲームの発見がしやすくなりました。

2015年には「Steamコントローラ」「Steamリンク」「Steamマシン」が発売されます。

ありましたね、使ったことはないです。

2016年12月31日第1回Steamアワードが開催されました。

2017年Steam Greenlight」から「Steam Direct」になります。
この辺は開発者向けのサービスですね。

2018年Steamチャットがリリース。

2019年Steamラボ」の導入
Remote Play Together」でインターネットを経由してフレンドとゲームを無料で共有できるようになりました。

12月には最初の「Steam Nextフェス」が開催されました。

2020年ニュース&イベントハブの追加。

2021年Steamゲームフェスティバル」から「Steam Nextフェス」に変わる。

2022年携帯用PCゲーミングデバイスであるSteam Deckが正式販売。

さすが20周年

ちょっと見ただけでも懐かしい項目がたくさんありました。

steamの進化もさることながら
その年に発売されたゲームタイトルを見てるだけでも
楽しくまたやってみようかなと思います。

積みゲー含めて見直してみるのも面白そうです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました